NPO法人プロジェクトセーフダイブ(以下、「当NPO」といいます。)が提供するウェブ
サービスを利用者の皆様にご利用いただくにあたり、当NPOが利用者情報をどのように利
用し、プライバシーをどのように保護するかをご説明します。

【収集する情報及び収集の方法】

当NPOは、すべての利用者によりよいサービスを提供するために、以下の方法によ
り情報を収集します。

利用者からご提供いただく

当NPOのサービスをご利用いただくにあたって、アカウントのご登録が必要な場合があり
ます。ご登録に際して、個人情報の提供をお願いすることがあります。

サービスのご利用時に利用者が、当NPOのサービスの提供を受ける場合等において、当
NPOは、メールアドレス、氏名、年齢・生年月日、住所、電話番号やそれに相当する情報
を持つフェイスブックアカウントを取得することがあります。

サービスのご利用時に当NPOが収集する

当NPOは、ご利用のサービスやそのご利用方法に関する情報を収集することがあります。

これには以下の情報が含まれます。

  • サーバーログ情報
    利用者が当NPOのサービスをご利用になる際に、サーバーログ内の特定の情報が自動的に収集および保存されます。これには、検索キーワード、閲覧したページ等当NPOのサービスの使用状況の詳細、IPアドレス、端末のイベント情報(ブラウザの種類、ブラウザの言語、利用者によるリクエストの日時、参照 URL など)、利用者のブラウザまたは利用者の当NPOが発行したアカウントを特定できる Cookie、ピクセルタグなどの情報が含まれることがあります。
  • 端末情報
    当NPOは、端末固有の情報(たとえば、ハードウェアモデル、オペレーティングシステムのバージョン、端末固有のID、電話番号などのモバイルネットワーク情報)を収集することがあります。
  • ローカルストレージ
    当NPOは、HTML 5やアプリケーションデータのキャッシュのようなメカニズムを使用して、収集した情報(個人情報を含む)を利用者の端末にローカルに保存することがあります。
  • Cookieと匿名ID
    利用者が当NPOのサービスにアクセスされると、当NPOはさまざまな技術を使用して、情報を収集して保存します。その際、当NPOから利用者の端末に一つまたは複数のCookieや匿名ID を送信することがあります。
  • 外部サービスID等
    FacebookやTwitter等その他の外部サービスで利用者が利用するIDその他外部サービスのプライバシー設定により利用者が連携先に開示を認めた情報を取得することがあります。
  • お問い合わせ時に当NPOが収集する
    利用者が当NPOにお問い合わせをされると、利用者との通信の記録等を収集することがあります。

【収集した情報の利用】

当NPOは、当NPOのサービスから収集した情報を、そのサービスの提供、維持、保護およ
び改善、新しいサービスの開発、ならびに、当NPOと利用者の保護のために利用します。

利用者のメールアドレスを使用して、当NPOのサービスに関する情報を通知することがあ
ります。

【個人情報へのアクセスと更新】

当NPOでは、利用者の個人情報が誤っている場合、正当なサービス上または法律上の目的
で当該情報を保持する必要がある場合を除き、すぐに更新または削除する方法を利用者に
提供するように努めます。

利用者の個人情報を更新する際には、利用者からのリクエストに対応する前に、本人確認
をお願いすることがあります。

リクエストが正当な理由なく何度も繰り返される場合、過度な作業を要する場合、他人の
プライバシーが脅かされる場合、あるいは、きわめて非現実的な場合、対応をお断りする
ことがあります。

情報へのアクセスや訂正が可能な場合は、過度な作業を要するものを除いて無料で受け付
けます。

利用者が当NPOのサービスから情報を削除した後、当NPOの稼働中のサーバーからコピー
情報をすぐには削除できないことや、当NPOのバックアップシステムからは情報が削除さ
れないことがあります。

【当NPOから他者への情報の共有】

当NPOは、以下のいずれかに当てはまる場合を除いて、個人情報を当NPO以外の企業、組
織、個人と共有することはありません。

利用者の同意を得た場合

当NPOは、利用者の同意を得た場合に、個人情報を当NPO以外の企業、組織、または個人
と共有します。

外部に処理を委託する場合

当NPOは、信頼できる企業または個人に当NPOのために処理を委託するために、個人情報
を提供します。その際、当NPOの指示に基づいて、当NPOプライバシーポリシーを遵守す
る他、適切な機密性保持およびセキュリティ対策を取るものとします。

法律上の理由が存在する場合

当NPOは、個人情報に対するアクセス、利用、保存、または開示が以下の理由で合理的に
必要だと判断した場合、その情報を当NPO以外の企業、組織、または個人と共有します。

  • 法律、規制、法的手続または強制執行可能な行政機関の要請に応じるため。
  • 違反の可能性の調査など、適用のある利用規約を実施するため。
  • 不正行為、セキュリティや技術上の問題について検出、阻止またはその他の対処を行う
    ため。
  • 法律上必要なまたは許容される範囲で、当NPO、当NPOのサービスの利用者、または公衆の権利、財産または安全に対する危害から保護するため。
  • 当NPOは、個人を特定できない統計・集計情報を公開、または第三者と共有することがあります。
  • 当NPOが合併、分割、買収、資産譲渡その他事業譲渡等の対象となった場合は、法律上必要となる手続きを遵守した上で、当NPOが保持する情報を当該事業譲渡等の譲受人に譲り渡すことがあります。
  • 外部サービスとの連携を行う場合
    当NPOは、FacebookやTwitter等その他の外部サービスとの連携または外部サービスを利用した認証にあたり、当該外部サービス運営会社に利用者の情報を提供することがあります。

【情報の保護】

当NPOは、当NPOが保持する情報への不正アクセスや、不正な改変、開示または破壊から
、POC と利用者を保護するよう努めます。

【適用】

当NPOプライバシーポリシーは、当NPOが提供するすべてのサービスに適用されます。

当NPOプライバシーポリシーは、他の企業または個人が提供するサービスには適用されま
せん。

これには、検索結果に表示される製品やサイト、当NPOサービスを組み込んでいるサイト、当NPOサービスからリンクしているサイトなどがあります。

当NPOサービスを宣伝している他の企業や組織での情報の処理方法は当NPOプライバシーポリシーの対象外となります。

【変更】

当NPOは、当NPOプライバシーポリシーを変更する場合は、所定のURLに変更後の当
NPOプライバシーポリシーを掲示します。

上記にかかわらず、利用者が当NPOプライバシーポリシーの変更通知を受け取った後また
は当NPOプライバシーポリシーの変更日以後に当NPOが提供するいずれかのサービスを利
用した場合は、その変更内容について異議なく承諾した利用者とみなします。

 

NPO法人プロジェクトセーフダイブ
第一版2018年7月23日制定
以上