2019年(令和元年)7月14日(日)沖縄県 座間味島安慶名敷沖、スノーケリング死亡、恩納村アポガマ漂流事案

ホーム フォーラム 事故情報 2019年(令和元年)7月14日(日)沖縄県 座間味島安慶名敷沖、スノーケリング死亡、恩納村アポガマ漂流事案

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。4 ヶ月前 Yukio Murata さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #928

    Yukio Murata
    参加者

    2019年(令和元年)7月14日(日) 沖縄県座間味村 安慶名敷島 ヨット愛好者
                       スノーケリング死亡 60代 渡嘉敷在 男性

                       沖縄県恩納村 アポガマ 米兵 スノーケリング
                       離岸流、2名自力接岸、1名海保へり揚収救助

    60代男性シュノーケリング中におぼれ死亡
    QAB琉球朝日放送 報道制作局 2019年7月15日

    60代男性シュノーケリング中におぼれ死亡

    2019年7月14日、座間味村で、シュノーケリングをしていた60代の男性がおぼれ、死亡しました。

    那覇海上保安部などによりますと、14日午後2時ごろ、座間味村の無人島、安慶名敷島から約50メートルの沖合で、「シュノーケリング中の男性がおぼれ、ヨットに引き揚げたが、心肺停止状態」と消防に通報がありました。

    この事故で、渡嘉敷島に住む60代男性が、診療所に搬送され、間もなく死亡が確認されています。男性は複数の知人とともにヨットで島を訪れ、1人離れたところでシュノーケリングをしていましたが、おぼれたとみられています。

    男性は、ライフジャケットを着用していて、自力で泳いでヨット戻りましたが、その後、意識を失ったということです。

    2019年に入り、那覇海上保安部管内ではすでに17件のマリンレジャーによる事故が発生し、4人が死亡しています。

    沖縄・座間味でシュノーケリングをしていた男性が死亡
    2019年7月15日 10:08(琉球新報)

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-953913.html

    事件・事故 水難事故 シュノーケリング 安慶名敷島 那覇海上保安部

     14日午後2時ごろ、沖縄県座間味村の無人島、安慶名敷島付近の海域でシュノーケリングをしていた同村の60代男性が、知人が所有するヨットに戻った直後に意識を失った。

     男性は心肺停止状態で座間味診療所に搬送されたが、死亡が確認された。那覇海上保安部が事故原因を調べている。

    無人島でシュノーケリング、1人死亡 米軍関係者3人も流される
     真夏の沖縄、水難事故相次ぐ
    2019年7月15日 09:12(沖縄タイムス)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/445458

     3連休2日目の14日、座間味村と恩納村で水難事故が発生した。

     午後2時5分ごろ、座間味村安慶名敷島で「シュノーケリング中の男性が溺れ、ヨットに引き揚げられたが心肺停止状態」と119番通報があった。那覇海上保安部によると、安慶名敷島の砂浜でシュノーケリングをしていた60代の男性=渡嘉敷村=が午後2時ごろ、体調が急変し意識不明となった。診療所に搬送されたが死亡が確認された。

     また、午後2時20分ごろ恩納村万座毛のアポガマ付近で「米海兵隊員が流されている」と118番通報があった。同保安部によると、流されたのはシュノーケリングをしていたとみられる米軍関係者3人。2人は自力で陸に上がり、1人はヘリで救助された。うち1人が軍の病院に搬送されたが命に別条はないという。

    *ライフジャケット装着でも安心できません。ライフジャケットに股掛けベルトがあれば、有効に使いましょう。股掛けベルトなしの場合は、ライフジャケットが頸動脈を圧迫することもあります。頸動脈が圧迫されると心拍数や呼吸、意識障害等を起こす可能性もあるのでした。また、身体に合っていないライフジャケット、とくに小さ目だったら胸郭を圧迫する可能性があり、呼吸がし辛くなることがあります。

    *恩納村アポガマでは激しい離岸流が発生し易い海域です。ビーチからエントリーできるポイントではありますが、年間に何回か死亡事故や漂流事案等が発生しています。

このトピックに返信するにはログインが必要です。