平成30年9月24日(月)沖縄島 大度海岸 漂流事案発生 宮古島ではSUP落水者が行方不明に 

ホーム フォーラム 事故情報 平成30年9月24日(月)沖縄島 大度海岸 漂流事案発生 宮古島ではSUP落水者が行方不明に 

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。11 ヶ月、 3 週間前 Yukio Murata さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #693

    Yukio Murata
    参加者

    海況判断は? 甘いのではないか。

    情報共有 平成30年9月24日(月) 沖縄島 大度海岸 漂流事案発生 全員救助
         通報者は釣り人でした。もしかして漂流事案を目撃した釣り人がいなかったら、
         外洋まで流されていたかもしれない。
         平成30年9月24日(月) 沖縄島 大度海岸 セルフスノーけリング 74歳男性
                     意識不明で搬送された
         平成30年9月24日 宮古島 SUP 40代女性 SUPより落水して行方不明
                 ライフジャッケトは未装着とも。

    糸満ダイビング協会より告知

    漂流事案発生 平成30年9月24日(月)秋分の日関連の連休最終日でした。

    さて、本日午前中大度海岸で
    消防・警察・海保が出動するダイバー漂流未遂が起こりました。

    以下の通りです。

    スタッフ2名を含めた7名グループでのビーチダイビングを開始。

    水路を移動中にうち2名が流れが速すぎて
    危険と判断してグループから離脱して、リーフに上がる。

    その2名がリーフに上がり、
    それを見ていたリーフ上にいた釣り人が
    漂流したと思い消防・警察へ通報したと思われる。
    (この時点でガイドは戻れると判断して、漂流していないと認識していないかも)

    消防・警察出動。のちに海保も到着。

    まず4名は水面へ浮上したところを救助。
    残り1名(おそらく同行スタッフ)は
    先に上がった2人を探したていたのであろうか
    しばらく水中にいたこともあり発見できず。

    海保のヘリが到着後に
    海保が上空から捜索して残り一人を救助。

    因みに漂流事案を起こしたダイビングサービスだけが大度海岸を利用した。

    他の地域のダイビングサービスでした。

    大度海岸では、類似の漂流事案が発生している。潮の流れを把握していない。

    宮古島でサップ中の女性が行方不明に 連休最終日、沖縄で水難事故相次ぐ
    9/25(火) 8:00配信 沖縄タイムス

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00319259-okinawat-oki

    宮古島でサップ中の女性が行方不明に 連休最終日、沖縄で水難事故相次ぐ
     3連休最終日の24日、沖縄県内で海のレジャー事故が相次いだ。ボードの上に立ったままパドルをこいで進むサップ中に40代の女性が行方不明になったほか、計10人が水難事故にあった。

    【記者が体験してみた】岸に泳ぎ着けない! もし離岸流に遭遇したら?

     同日午前10時45分ごろ、宮古島市の博愛漁港東側の沖合で観光客の40代女性=東京都=が波にのまれた後に見えなくなったと118番通報があった。宮古島海上保安部によると、女性は計3人でサップをしていた。捜索にあたったが見つからず、25日も捜索を続ける予定。

     糸満市の大度海岸では同日午前11時15分ごろ、「200メートル沖合にダイバーが流されている」と通報があった。那覇海上保安部によると、ダイビング中に男性インストラクター(50)と客の男女6人が流された。沖合に流された客3人と救助に向かって戻れなくなったインストラクターが海保の巡視艇などに、客1人が機動救難士に、それぞれ救助された。残りの客2人は自力で岸に戻り無事だった。

     同海岸の近くでは午後3時5分ごろ、家族でシュノーケルをしていた浦添市の男性(74)がうつぶせで浮いているのを発見、救助され、意識不明の状態で病院へ搬送された。石垣市川平でも男性がシュノーケル中に流され消防に救助された。

     うるま市勝連平敷屋の青間海岸では午前8時5分ごろ、サーファー同士が接触したと通報があり、40代男性が右のふくらはぎに切り傷を負った。

    宮古島沖合で女性行方不明
    09月25日 05時07分(NHK沖縄)

    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180925/5090004364.html

    宮古島の沖合で、サーフボードの上に立ってかいをこぐレジャーを楽しんでいた東京の44歳の女性が行方不明となり、海上保安部は25日早朝から捜索を再開することにしています。

    24日午前11時前、宮古島市城辺にある漁港近くの沖合で「波にのまれたあと女性が見えなくなった」と女性と一緒に海にいた男性から通報がありました。

    宮古島海上保安部が巡視艇3隻と航空機1機で辺りを捜索しましたが、女性の発見には至りませんでした。

    海上保安部によりますと行方不明になったのは東京から宮古島に観光に来ていた44歳の女性で友人などとサーフボードの上に立ってかいをこぐレジャーを楽しんでいたところ、波にのまれて転覆したということです。
    海上保安部は、25日早朝から捜索を再開することにしています。

    海上保安部は「台風24号の影響で宮古島周辺海域では、うねりや高波、強風が予想されるため、海のレジャーの際には十分に注意を払って、無理をしないでほしい」と注意を呼びかけています。

このトピックに返信するにはログインが必要です。