沖縄県 糸満漁港

沖縄本島 潜水漁 33歳漁師 死亡事故

事故発生日:2018/10/22 
その他
発生場所: 沖縄県 糸満市 糸満漁港
事故者:33歳男性
事故の状態:死亡
22日未明、糸満市の沖合で、潜水漁をしていた33歳の男性が溺れ、その後、死亡しました。 22日午前2時半すぎ、糸満市の糸満漁港からおよそ11キロ沖合のルカン礁付近で、潜水漁をしていた漁師の男性が溺れたと海上保安部に通報がありました。 男性は仲間の漁師によって、船にひきあげられ、南風原町の病院に運ばれましたがおよそ1時間半後に死亡が確認されました。 那覇海上保安部によりますと、亡くなったのは那覇市の漁師久保真一さん(33)で、21日夕方ほかの漁師3人とともに那覇港を船で出たあと、現場の海域に潜って漁をしていたということです。 海上保安部は仲間の漁師から話を聞くなどして当時の状況を調べています。
POINT
男性は当時潜水用のボンベを使って4人で漁をしていたということです。海上保安部は当時の状況を詳しく調べています。
最終更新日:2019/11/15