沖縄県 崎本部

スノーケリング死亡事故 沖縄県 本部町崎本部海岸 52歳女性 ライフジャケット未装着

事故発生日:2018/09/07 
スノーケリング・スキンダイビング
発生場所: 沖縄県 本部町 崎本部
事故者:52歳女性
事故の状態:死亡
本部町のビーチで7日午後、シュノーケリングをしていた女性がうつぶせの状態で浮いているのが発見され、その後、死亡が確認されました。 警察によりますと、7日午後2時半ごろ本部町崎本部のビーチで、シュノーケリングをしていた女性が砂浜からおよそ10メートル離れた海上でうつぶせの状態で浮いているのを一緒に来ていた職場の同僚が発見しました。 女性は病院に運ばれましたが、およそ9時間後に死亡が確認されました。 死亡したのは東京都に住む会社員、笛木美智代さん52歳です。 笛木さんは同僚の女性2人と海を訪れていて、シュノーケリングを終えて浜に戻ろうとしたところ姿が見えなくなり、その後、浮いているのが発見されたということです。 警察は笛木さんが溺れた可能性もあるとみて当時の状況を調べています。
最終更新日:2019/11/14