愛知県 基地の屋内プール

航空自衛隊 救難隊学生 20代空士長 スクーバ装備での水面遊泳 死亡

事故発生日:2018/08/09 
その他
発生場所: 愛知県 小牧市 基地の屋内プール
事故者:20代男性
事故の状態:死亡
愛知県の航空自衛隊小牧基地で、水難救助の訓練中、男性隊員が死亡しました。  溺れたと見られています。  航空自衛隊小牧基地によりますと、9日午前11時前、基地内の屋内プールで行われていた救難員の養成訓練中、20代の空士長がプールの底に沈んでいるのが見つかりました。  空士長は、すぐに病院へ運ばれましたが、死亡が確認されました。  溺れたと見られています。  当時、スキューバダイビングの装備を付けて、水面を移動する訓練を行っていて、小牧基地では、事故の原因を詳しく調べています。
最終更新日:2019/11/14