福岡県

福岡県福岡市 シュノーケリング男性が行方不明

事故発生日:2018/07/24 
スノーケリング・スキンダイビング
発生場所: 福岡県 福岡市東区西戸崎沖
事故者:22歳男性
事故の状態:行方不明の後、死亡
24日午後、福岡市沖の海上で、シュノーケリングをしようとしていた男性2人の姿が見えなくなったと通報があり、海上保安部が捜索を続けています。 24日午後3時半ごろ、福岡市東区西戸崎沖の玄界灘で、「30分ほど前から友人2人の姿が見えない」と一緒にいた仲間から海上保安部と消防に通報がありました。 福岡海上保安部によりますと、行方が分からなくなっているのは、いずれも大学生で、新宮町に住む槇本渉さん(22歳)と江頭宏俊さん(21歳)です。 2人は、10人ほどのグループで岸から200メートルほど沖合にある岩場近くに水上バイクで移動し、シュノーケリングをしようとしていたということです。 現場はJR海ノ中道駅近くの海岸の沖合で、当時、風や波は穏やかだったということで、海上保安部が2人を捜索しています。
最終更新日:2019/07/14