広島県

広島県 土師ダムで作業中の潜水士死亡

事故発生日:2018/02/27 
その他
発生場所: 広島県 安芸高田市
事故者:36歳男性
事故の状態:死亡
27日午前、安芸高田市の土師ダムで、工事のため水中で作業をしていた潜水士の男性が放流管に引き込まれ、その後、救助されましたが、死亡が確認されました。 警察によりますと、27日午前9時すぎ、安芸高田市の土師ダムで、工事のため水中に潜って作業をしていた福岡県筑紫野市の潜水士、松岡信宏さん(36)がダムから下流に水を流す放流管に引き込まれました。 松岡さんはおよそ15分後に引き上げられ、市内の病院に搬送されましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。 警察によりますと、松岡さんはダムの水中に潜って水深17メートルほどのところにある直径およそ1メートル20センチの放流管の点検に必要な設備を設置するため、もぐって作業をしていたということです。 ダムを管理する中国地方整備局土師ダム管理所によりますと、工事の際は放流管の中の水の流れを止めるため、放流管の排水口の弁を閉じることになっていたということですが、事故当時は閉じられておらず、松岡さんは潜水後まもなく、放流管に吸い込まれたとみられるということです。 警察は管理所の職員に話を聞くなどして、事故当時の詳しい状況を調べています。
最終更新日:2019/07/14