沖縄県

沖縄 金武町 素潜りで行方不明の男性が死亡

事故発生日:2017/12/30 
発生場所: 沖縄県 金武町
事故者:80代男性
事故の状態:死亡
30日、沖縄県金武町の海岸で、素もぐりに出かけていた81歳の男性の行方がわからなくなり、31日朝、海上で見つかり死亡が確認されました。 死亡したのは、沖縄県うるま市の仲間徳吉さん(81)です。 中城海上保安部によりますと、30日の朝から金武町の海に素もぐりをしに出かけたまま戻らず、家族から通報を受けて捜していた、海上保安部や警察が、近くの海岸で仲間さんの車を見つけました。 海上保安部がヘリコプターや巡視艇で捜索を続けたところ、31日午前7時半すぎ、車が見つかった海岸の近くの金武岬から、南西におよそ230メートル離れた海上で浮いているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。 仲間さんは、地元の漁業協同組合の元組合長で、日ごろから素もぐりで魚をとっていて、30日も潜水用具などを持って出かけたということです。 海上保安部は、素もぐり中に溺れた可能性があるとみて、当時の状況を調べています。
最終更新日:2019/07/13