和歌山県

和歌山県湯銭町でダイビングの男性死亡

事故発生日:2017/11/03 
発生場所: 和歌山県 湯銭町
事故者:50代男性
事故の状態:死亡
3日昼すぎ、湯浅町の海で、ダイビングをしていた54歳の男性が死亡しました。海上保安署では男性が溺れた可能性があるとみて調べています。 3日午後2時前、湯浅町の小浜海岸で、ダイビングをしていた男性から「友人が2時間以上あがってこない」と第5管区海上保安本部に118番通報がありました。 海上保安署と消防が付近を探したところ、およそ30分後に、海岸から10メートルほど離れた沖合の水深4メートルの海底で、大阪・生野区の自営業、仲久男さん(54)が沈んでいるのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。 海上保安署によりますと、仲さんは友人と昼前から現場付近でダイビングをしていて、友人が「先に上がる」と言って離れた後、行方がわからなくなったということです。当時は、波も低く穏やかだったということで、海上保安署では仲さんが溺れた可能性があるとみて詳しい状況を調べています。
最終更新日:2019/07/13