代表の寺山です。

さて、先日発表したように、意見交換会でいただいた「山の世界の話を聞きたい」という声を受け、2017年1月17日、日本山岳ガイド協会認定ガイドにして、プロアドベンチャーレーサーの田中正人さんと対談しました。

「山から学ぶ安全対策」をテーマに、話は多岐に渡り、海の世界と共通すること、山の世界から学べることなど、とても有意義な時間となりました。

例えば、ダイビングのガイドに無く、山の世界にはある、ガイド資格。
ガバナンスがきくことにより、ガイドの質の維持や均質性の保持、団体交渉、事故情報開示など、その意義は大きいように感じました。

その他、登山計画書のWEBサイトによる管理(事故時の発見に有効)、グレーディングという山の難易度付け(自分のスキルと照らし合わせて選択できる)などなど。

山の世界から学ぶことは多そうです。

詳細は提言集にてご紹介します。